• youtube
  • ins

働く姿勢

笑顔を心掛けて。営業課

私が所属している営業課での主な仕事は、お客様からの見積依頼の対応や訪問営業を行っています。弊社では、名前にもあるパッキングはもちろんのこと、スポンジ・フィルム・樹脂製品等、幅広い製品を取り扱っているため、様々な見積依頼がきます。
入社当時、図面の見方・材料の種類・加工方法等わからないことだらけでしたが、上司や周りの方が優しく教えて下さるのでわからないことはどんどん聞ける環境です。
まだまだ、助けてもらうときもありますが、少しずつ成長はしているかなと感じています。この仕事をしていて嬉しいことは、見積した製品が注文に繋がることです。注文に繋がったことで役に立つことができたと実感できます。私は、人と接する際に長所でもある「笑顔」を常に意識して対応しています。

これからも笑顔を忘れず、日々成長していきたいと思います。

常に改善を。総務経理課

入社からずっと営業課に在籍し、2020年に総務経理課へ異動となりました。
総務経理の仕事は奥が深く、まだわからないことだらけで、反省と勉強の日々ですが同時に新しい経験と知識を得ているという実感もあります。
業務内容や流れ、会社の仕組みはもちろん、わからなかったこと、疑問に思ったことはすぐに調べるように心掛けています。今はまだ、質問に対しスムーズに回答できずお待たせしてしまうことが多いので、そういった回数を減らしていくことが目標です。また、徐々に自分の仕事を整理・改善していきたいです。

東亜パッキング工業は創業80年という歴史を持つ会社ですが、堅苦しさはまったくありません。部門・役職に関わらず気軽に意見交換ができる会社です。中小企業ならではのフットワークの軽さに加え、自由に仕事ができる社風のおかげで仕事の達成感があります。

人との接し方、繋がりを大切に。製造課

私は入社して7年です。所属している部署は製造課で主に精密板金を製作する業務に携わっています。その中で板金の知識、経験はまだまだ足りないなと実感する場面が多々あります。お客様との新規製品の打ち合わせの中で「このような形状に仕上げたいのだけれど、どうしたらできるか?」「どの部品を使ったら強度もでて外観も良くできるか?」等その場で概算すら答えられないときに知識や経験が足りないと痛感します。そのようなことがあっても社内に持ち帰り上司に相談したり、工場メンバーに助言をもらったりと非常に助けてもらっています。板金のことも学んでいけますが、工場メンバー、お客様を通じ、人との関わりを一番学んでいける気がします。

これからも現場がどのような形になれば働きやすくなるか、色々と学びお客様と会社を発展させていきたいと思っています。

日々の積み重ね。品質管理課

東亜パッキング工業(宮城工場)は、若い社員が多く、活気があり様々な仕事に挑戦できる、やらせてもらえる会社と感じております。私が所属しているのは品質管理課で、社内で加工した製品ならびに外注先の加工品の品質の管理に携わっております。品質管理課は、板金加工や外注加工(塗装、メッキ、印刷、樹脂等)の知識が品質を管理する上で必要となります。日々の業務の中で得た知識を活かし、品質管理の目標値を達成できたとき、改善の効果が確認できたときにやりがいを感じます。

今後も様々な仕事に挑戦することで、自分の知識を高め、日々の業務をより品質の高いものにし、お客様と会社に貢献していきたいと思います。